東北温泉(ファン必見!「温泉県あおもり情報」)

 3回目の最終回は、温泉ファンには必見!の情報をお届けします!

 温泉大国日本において、青森県は人口10万人当たりの一般公衆浴場数、1世帯当たりの温泉・銭湯入浴料購入金額ともに全国1位です。さらに、1回目でもご紹介しましたが、全国に2割しかないとされる、加温加水なしの「本物の温泉」の数もトップクラスで、有数の温泉県であることが伺えます。

 自慢話!?が長引きましたが、本題に入ります。

 青森県内には、温泉の色が五種類あることをご存じでしたか?黒=当東北温泉、白=下風呂温泉、赤=あいのり温泉、黄=黄金崎不老ふ死温泉、緑=新屋温泉の計五色の温泉です。これら同志による協議会発足以来、旅行会社に温泉巡りを提案した経緯もあり、喜ばしくも近年ツアー客が続々と来青いただけるようになりました!

 日帰りで1日では簡単に全五ヶ所回りきれませんが、県内外問わず、温泉ファンやご興味のある方は是非ご体験いただきたいものです♪

 最後になりますが…コロナの収束を願いつつ、県内の各温泉施設は、貴方を「ぽかぽか」気分にさせたい!こんな気持ちでお待ちしております(T_T)/~~~

 計3回に渡るお付き合い、ありがとうございました!

ブログピックアップ

  1. スーパーホテル青森(1日の最高のスタートを!当ホテルの『健康朝食』)

  2. 大坊保養センター(おすすめ観光スポット【白岩森林公園】【志賀坊森林公園】)

  3. 民宿 松ノ木(当民宿の主、柴犬【雛(ひな)】)

  4. いろは旅館(印象に残っているお客様・その2)

  5. スマイルホテル青森(ねぶたの運行コースまで約20m!スマイルホテル青森のご紹介)

  6. ブナの里白神館(白神山地散策における前泊に最適な「最強の宿」を目指して)

  7. 清水屋旅館(おすすめ観光スポット「三戸城跡城山公園」)

  8. ホテルパールシティ八戸(館内で販売している八戸名物のお土産)

  9. 谷地温泉(その名も「てんおじさん」)