石場旅館(石場旅館の建物紹介③:昭和の建物)

 最後に紹介するのが、石場旅館で一番新しい建物です。と言っても昭和に建てられた建物ですが…。

 石場旅館の一番奥に位置するこの部分は昭和50年頃に建てられました。その頃の日本は「ジャパンアズナンバーワン」なんて言われていましたね!人々が豊かさを享受していた時代です。我が弘前にも大きなホテルやビルが建ち始め、ますます都市化が進んだ頃ですね。

 そうした時代にいち早く追いつき、お客様の生活スタイルやニーズに応えようと新築したのがこの建物。各部屋にはトイレやお風呂が備えられ、いわゆるホテル式の部屋として誕生しました。

 この建物を設計したのは建築家の父です。和風ですがちょっとモダンな雰囲気の建物。でも、規格外の障子に大きな窓。大工さんや建具屋さんは非常に困ったそうです。旅館を創業したお侍さんがこの空間を見れば、さぞかしビックリしたことでしょう…。明治12年から比べれば、「和」の空間も相当変化しました!

 石場旅館の歴史を建物から振り返ってきました。一つ言えることは、石場旅館はその時々のニーズに応え増築したり新築し、その姿を変えてきたということでしょう。これからもそう在りたいと思っています。

ブログピックアップ

  1. 民宿芳栄丸(母娘の民宿)

  2. グランドサンピア八戸(スポーツ合宿や遠征にもおすすめ♪)

  3. 松山旅館(野辺地から足をのばして青森めぐり)

  4. アートホテル青森(ホテル自慢の朝食〜青森郷土料理~)

  5. 料理旅館 福士館(白鳥の飛来に思う)

  6. スーパーホテル八戸長横町(スーパーホテルのコンセプト『Organic』)

  7. 夢野温泉(土偶プレゼントプラン)

  8. まるほん旅館(現実から離れて、ちょっとタイムスリップしてみませんか?)

  9. 桜温泉(津軽人は麺好きが多い!?)